種類別に徹底分析!大切な写真データを保存するのに最適なメディアはどれ?

>

徹底追及!クラウドメディアや光ディスクは本当に信頼できる?

ストレージサービスなら本当に安心?

最近話題になっているのが、クラウドストレージ、オンラインストレージといった、ネット上のストレージサービスです。
登録すればネット上のクラウドサーバーにデータを保存できて、無料で数十ギガを利用できるサービスから、月額千円程度で1テラ以上を利用できるものがあります。

クラウドサービスはネット環境があればどこからでも、別々のパソコンなどでも使えます。
また故障や破損の心配が低いため、たとえパソコン本体が故障してデータがすべて消えても復旧できるという利点があります。

一方、サービス業者の不手際で、ときにデータが流出してしまう危険性や、サービス終了で突然使えなくなるといったリスクもあります。
画像を含め、重要な個人情報が含まれるデータの保存は避けたほうがいいかもしれません。

DVDやBDなどの光ディスクなら大丈夫?

CD、DVD、BDなど、専用のディスクにデータを書き込むものを光ディスクといいます。
光ディスクには、一度書き込むと書き換えができない追記型と、消去と上書きができる書き換え型があります。

光ディスクの長所は、比較的廉価で持ち運びしやすい、追記型であればデータの安全性が高い点。
また水や静電気などに強く、ディスクそのものが傷ついたり割れたりしない限り、他メディアに比べて再生できる可能性が高いことです。
欠点は1枚ごとの容量が少なく、書き込みや読み込みが遅い点です。

またこれらディスクの寿命は、使用する光ディスクと機材の愛称によって大きく変わるといわれ、正確なデータはありません。
同じディスクや機材でも、組み合わせによって寿命が数年程度から十年以上に変わるともいわれます。

便利で堅牢性に優れたメディアではありますが、過信は禁物かもしれません。


TOPへ戻る